Just another WordPress site

花粉症体質の母親から同体質の子供が生まれやすい原因

  • HOME »
  • 花粉症体質の母親から同体質の子供が生まれやすい原因

花粉症体質の母親から同体質の子供が生まれやすい原因 1

善玉菌サプリメントビオチン最近の研究では、 アレルギー性鼻炎は善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)と悪玉菌と言った、腸内細菌のバランスの乱れによる ビオチン(ビタミンH)の不足によって、体内の脂質代謝に異常が発生するということが主な原因ではないかといわれています。

腸内には約300種類、100兆個ともいわれる腸内細菌が住んでいます。

これらの細菌は便宜上、よく 善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)、悪玉菌というふうに、ヒトの健康に役立つものと役立たないものに分類されます。

善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)と悪玉菌は、その宿主である人間の生活習慣によって、善玉菌が優勢になったり悪玉菌が優勢になったりして、常に拮抗しています。

また、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)や悪玉菌は、宿主が摂取した食べ物や消化管から分泌される成分を栄養分として増殖を繰り返し、不要となった古い腸内細菌は便と共に排泄されます。
排泄された便の重量の半分ほどは、その古くなって排泄されてきた腸内細菌が占めているといわれますので、毎日どれ位の腸内細菌が体内で増殖しているかは、判っていただけると思います。

次項も続きをお送りします。

花粉症体質の母親から同体質の子供が生まれやすい原因 2

様々な生活習慣によって腸内の細菌バランスは影響を受けますが、やはり食するものの種類による影響が最も多いようです。

生まれたばかりの子供の腸内の 善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)と悪玉菌のバランスは、出生時に母親から株分けされるため、母親の腸内細菌の分布構成と似ているといわれています。

乳児期は別として、幼児期に入ってくるとその家族の食するものを食べて過ごすようになります。

母親が主にその食生活により腸内細菌バランスを崩しているわけですから、母親と同じ腸内細菌の分布構成を持っている子供は、自然と腸内細菌のバランスを崩してしまい、悪玉菌優勢の状態に陥り、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)による ビオチン(ビタミンH)の産生がうまくいかずに、 アレルギー性鼻炎などを発症させてしまうという図式ができあがります。

次項も続きをお送りします。

花粉症のブロメライン

花粉症体質の母親から同体質の子供が生まれやすい原因 3

子供時代に アレルギーを持っていた方が、大きくなるにつれてアレルギーを克服するようになることはよくある事です。

この事は先にも書きましたが、アレルギー性鼻炎の母親がつくる家族の食事から、給食やその他、個人個人の嗜好の問題などによって、徐々に子供の頃からの食生活が換わっていくことで、 腸内環境が良くなり、アレルギー性鼻炎を克服するということに繋がると言っている識者がたくさんいます。

以上の事から、子供に限ったことではなく大人でも、その食生活を見直すことで、アレルギー性鼻炎を克服するチャンスを手にすることができるかもしれません。

対症療法として ビオチン( ビタミンH)の大量投与と共に、腸内細菌のバランスを善玉菌( 乳酸菌  腸内細菌)優勢に換えるため、善玉菌や 食物繊維、 ビタミンC(ビタミンP)の摂取をお奨めします 。

食物繊維サプリメント ビタミンC(ビタミンP)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.