Just another WordPress site

貧血症状には様々なタイプがあります

  • HOME »
  • 貧血症状には様々なタイプがあります

貧血症状には様々なタイプがあります

貧血予防サプリメント貧血症状をおこしているというと、多くの方は鉄剤を思い浮かべると思いますが、統計的に見れば鉄だけが不足する貧血は非常に少ないのです。
鉄剤を長期間飲み続けても良くならない場合、もう一度、 サプリメントを選びなおしてみることをお奨めします。

まず、その鉄剤は吸収を考えて作られている商品ですか?
鉄が不足する根本的な原因は、鉄そのものの吸収率にあるのです。貧血の方が鉄を舐めていても貧血症状は治りません。
鉄はヘム鉄などよりも、アミノ酸などと結合させるキレート加工が施しているサプリメントがお奨めです。
キレート加工が施されているか、施されていないかで、吸収率が2桁~3桁違います。
つまり、キレートされていない鉄剤を飲んでも貧血症状の改善はできないのです。
くれぐれも吸収を考えて作られた 貧血予防サプリメントを摂ることを忘れないで下さい。

貧血症状の改善に必要なのは鉄だけではありません。
ヘモグロビンを作って赤血球を増やすには葉酸や銅、ビタミン類など様々な栄養素が必要です。
すべての貧血症状に効果を発揮するための栄養素が含まれるサプリメントのご紹介です。

それから次の次の項でご紹介する タウリンで血流を改善してあげることも、酸素運搬に良い影響が出て、造血細胞の活動が活発になり、貧血の悪循環を断ち切ってくれますのでお奨めです。

貧血予防サプリメントはあらゆるタイプの貧血に効果を発揮します

貧血というと、鉄不足というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?
決してハズレではありませんが、鉄を摂取するだけで改善する 貧血症状は、統計的にも少ないのです。

吸収された鉄が酸素を細胞に運ぶためには、鉄がヘモグロビンという物質に合成されていなければなりません。
ヘモグロビンは赤血球の中に存在する物質で、二酸化炭素や酸素と結合しやすく、肺と細胞で酸素と二酸化炭素の交換を行う働きがあります。
ヘモグロビンは鉄だけでできるわけではありません。
銅やマンガン(もちろん吸収を考えてキレート加工を施してなければなりません。)などのミネラル類や葉酸やタンパク質などが必要です。

タンパク質をヘモグロビンに取り込むためには ビタミンBも必要です。
この様に貧血症状を解消するには様々な栄養素が必要なのです。
例え吸収の良い鉄剤を飲んでいたとしても、鉄以外の栄養素が十分に含まれていなければ、ヘモグロビンは十分に作られず、赤血球が変形したり、量が少なかったりと、貧血症状は解消できないのです。

効果のあるように作られた 貧血予防サプリメントは、多くの実験でも数週間~3ヶ月くらいで貧血症状に変化が出ています。
貧血症状の完全な改善には半年~1年位はかかりますが、数ヶ月で多少の効果を感じないサプリメントは、変更することをお奨めします。

貧血の方は低血圧や血流が悪い方が多いのです。

ご存知でしょうか?
貧血症状をおこしている方は血液を作り出す栄養素の不足だけが原因ではないのです。
貧血の方には低血圧や 冷え性など、 血流に問題が発生している方が多いのです。

酸素を運ぶ赤血球(ヘモグロビン)は血液ですので、血流によって全身に運ばれます。
血流に問題がある方はヘモグロビンの不足以外にも、様々な内臓組織の活動低下によって、貧血の悪循環というものが起こっていると言われています。

貧血症状とは主に酸素が細胞にうまく運べない症状を言います。
細胞内ではミトコンドリアという組織に酸素とブドウ糖と脂肪を取り込んで、ATPという細胞が直接に使えるエネルギーを作り、そのATPによって細胞が活動しています。
貧血症状にはいろいろありますが、脳貧血などは脳への酸素運搬が滞り、気を失ったり、気分が悪くなったりします。
また、貧血症状をおこしている方は細胞内でATPがうまく作れませんので、筋肉細胞がうまく働かずに、いつもダルい状態に陥ります。

心臓など酸素をたくさん使う内臓では、特に問題が発生します。酸素が少ないために心臓でATPを十分に作れないと、心臓のポンプ機能が弱まり、血流が悪くなります。
また、赤血球を作り出す造血細胞もATPを作って活動していますので、酸素が運ばれ難い状態では血液を作り出すことも滞りがちです。
つまり、酸素が足りない貧血は、様々な組織を悪循環に巻き込み、貧血症状を更に治り難くしているのです。

アメリカでは 貧血予防サプリメントで栄養を補給すると同時に、できるだけ血流を高めて、効率的に酸素が全身の細胞に届けられるようにする方法が主流になってきています。
そのために良く使われるサプリメントが以下のサプリメントです。

  • タウリン(心臓のポンプ機能を高めて血液を送り出す量を増やす。)
  • EPAと DHA( オメガ3)(血液をサラサラにする。)
  • いちょう葉エキス(毛細血管を太くして血液が通りやすくする。)
  • ビオチン(特に皮膚の毛細血管を太くする。)

タウリン EPAとDHA(オメガ3) いちょう葉エキス ビオチン

爪に白い斑点ができて貧血症状がある人は・・ 1

朝鮮人参(高麗人参)ブロメライン貧血症状がある方で、爪に直径1ミリ前後の白い斑点ができている方は、タンパク質の不足が考えられます。

酸素を体中に運ぶ赤血球は、大部分がタンパク質でできています。
タンパク質が不足すると、赤血球が不足し 貧血になります 。

もし、肉や魚などをキチンと食べているのに貧血症状に悩まされるのであれば、摂取したタンパク質が体の中でキチンと使われていない、もしくは ブロメラインという消化酵素の不足により、タンパク質の分解がきちんとされていない場合が考えられます。

虚弱体質の人にみられる症状ですが、細胞内にあるタンパク質製造工場であるリボソームがうまく機能せず、免疫のタンパク質が必要量造れずに、免疫機能が弱り、病気に侵されやすくなります。虚弱体質の改善には 朝鮮人参(高麗人参)が効果を発揮するケースも多いようです。
このような虚弱体質と同じプロセスで、タンパク質不良による貧血症状も見られます。

多くの実験で、タンパク質製造機能を強化してやることで、 貧血解消するケースもみられます。

爪に白い斑点ができて貧血症状がある人は・・ 2

前の項目でも触れましたが、朝鮮人参(高麗人参)は 虚弱体質に効くとして、昔から使われてきた漢方薬です。
最近の研究で朝鮮人参(高麗人参)に含まれる、ジンセノサイドがリボゾームを正常にし、活性化して摂り込んだたんぱく質を、うまく使えるようにしてくれることが判ってきました。
アメリカでは、 貧血症状の治療に朝鮮人参(高麗人参)を使うケースが増えています。

また、 パントテン酸と ビタミンB6、 葉酸でタンパク質の合成に働きます。
貧血がでている方はこれらを多めに摂ってみてください。
単品でお摂りになるより、 ビタミンB群としてセットでお摂りいただくのがおすすめです。

エゾウコギ(シベリア人参)はシベリアニンジンとも言われ、旧ソ連時代からロシアのオリンピック選手が体力強化のために使ってきたハーブです。
日本ではニンジンという名前がついていますが厳密には、 朝鮮人参(高麗人参)とは別種に属します。
体の新陳代謝を活発にして細胞分裂を促し、赤血球の増産を助け貧血症状を改善してくれます。

パントテン酸 葉酸サプリメント ビタミンB エゾウコギ(シベリア人参)

爪に白い斑点ができて貧血症状がある人は・・ 3

アルファルファも同様に、増血細胞の細胞分裂を促して、赤血球を増産して 貧血症状を改善してくれます。
アルファルファは、アメリカやヨーロッパでは良く用いられるハーブで、 食物繊維も多く 便秘の改善や ダイエット、美容効果も期待されており、 貧血だけでなく様々な効果を持つおすすめのサプリメントです。

PABA(パラアミノ安息香酸)は ビタミンB群の1つですが、たんぱく質の分解と合成の際に補酵素として機能し、貧血症状を改善します。

不要になった赤血球は脾臓で分解され、必要な栄養素だけを再利用して、再び赤血球が作り出されます。
この赤血球の分解と合成がうまくいかないと、新しい赤血球がうまく作れずに 貧血になります。
PABA(パラアミノ安息香酸)は赤血球の新生には必要不可欠です。

それぞれのタンパク質は、20種類以上のアミノ酸のブロックが決まった配列で並んで造られます。
バランスの良いたんぱく質を補給すれば、それだけたんぱく質を作りやすくなりますから、 アミノ酸サプリメントは貧血症状をお持ちの方にお奨めです。

アルファルファ PABA(パラアミノ安息香酸) アミノ酸サプリメント ビタミンB群

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.