Just another WordPress site

赤ワイン効果の活性酸素抑制効果はアントシアニン(オリゴメリックプロアントシアニジンも含む

  • HOME »
  • 赤ワイン効果の活性酸素抑制効果はアントシアニン(オリゴメリックプロアントシアニジンも含む

アントシアニンの活性酸素抑制効果はアントシアニン 1

フレンチ・パラドクスという言葉を耳にしたことはありませんか?
一時、かなり新聞をにぎわした言葉です。

フランス料理というのは、バターを多く使いそれを食べるフランス人は、本来であれば心臓疾患や脳疾患などの生活習慣病が非常に多いはずであるのに、同じような食事を摂っているアメリカ人と比べて、その生活習慣病にかかる割合は、たったの20%という不思議な現象をフレンチ・パラドクス言います。

多くの研究者たちが、その原因について調べて見ますと、フランス人の飲んでいる赤ワインに秘密がありました。

ご存知の方も多いと思いますが、赤ワインはブドウの皮と種を一緒に醸造して作ります。

この、ブドウの皮と種に、非常に強い活性酸素を抑制する効果があり、活性酸素が発病の原因の1つといわれている生活習慣病やアトピー性皮膚炎などのアレルギーが、フランス人に非常に少なくなっていたのです。

次項も続きをお送りします。

アントシアニンの活性酸素抑制効果はアントシアニン 2

最近では、そのアントシアニンの抗酸化サプリメントも、さらに詳しく研究され、かなりの数の今まで知られていなかった抗酸化剤の存在が確かめられつつあります。

そのなかで、特に、注目を集めているのが、アントシアニンという物質です 正式にはオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)と言います。

フランスではその強い活性酸素抑制効果を利用して、生活習慣病の予防や治療、またはアトピー性皮膚炎に効果があるということで、医薬品として認可されています。

今では、多くの研究者がこのアントシアニンに着目し、研究を進めていますが、健康上非常に大きな成果を収めるのではないかという期待が寄せられています。

このアントシアニン(オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC))を多く含むものとして、アントシアニンというサプリメントもあります。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

アントシアニンによるアトピー性皮膚炎の改善 1

ピクノジェノールブドウの種子アトピー性皮膚炎に活性酸素が良くないということでお伝えしていると思いますが、強い活性酸素抑制効果で、改善効果を上げているサプリメントがありますので、今回は詳しくご紹介したいと思います。

ブドウの種子や皮に含まれるアントシアニン、正式にはオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)と言う物質が、アメリカではアトピー性皮膚炎の治療に大きな実績を上げています。

最近、アントシアニンや赤ワインの効能について、イロイロな場所で目にしますが、この健康効果の大きな要因の1つが、このアントシアニンです。

アントシアニン(オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC))と言う物質は現在知られている活性酸素抑制効果のある栄養素の中で最もその効果が高いと言われている栄養素です。

最近、やはり健康効果を謳われている、フランスの海岸松から抽出されるピクノジェノールや緑茶のカテキンと非常に似ている分子構造を持っている物質です。

次項も続きをお送りします。

アントシアニンによるアトピー性皮膚炎の改善 2

アトピー性皮膚炎は、腸内環境の細菌バランスの乱れにより、ビオチン(ビタミンH)の産生がうまくいかずに体内の脂質代謝に異常をきたして発生するというのが、根本的な原因の1つですが、実際に炎症している患部の活性酸素を中和することで、炎症を抑えることが可能です。

先の項目でも書きましたように、アメリカでは赤ワインやブドウの種子・皮から抽出されるアントシアニン(オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)も含む)の強い活性酸素抑制効果を用いてアトピー性皮膚炎の炎症を抑えることにい、多くの事例で成功しています。

フランスでもその強い活性酸素抑制効果を利用して、生活習慣病の予防や治療、またはアトピー性皮膚炎などのアレルギーに効果があるということで、医薬品として認可されています。

高い活性酸素抑制効果のあるビタミンCサプリメントと摂取することで非常に高い抗酸化サプリメントとなり、アレルゲンにより炎症を引き起こしている部分の患部の炎症を緩和します。

また、アントシアニン(オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)も含む)自体にたんぱく質を修復する効果があり、炎症を起こしている部分のたんぱく質を修復し、回復を早めます 。

アトピー性皮膚炎に有効なアントシアニンの活性酸素抑制効果

アントシアニン(OPC=オリゴメリックプロアントシアニジンも含む)は1940年代にヨーロッパの化学者により抽出され、今まで様々な実験や経験により、安全性の確認されている、抗酸化剤です。

主に、ブドウの皮や種からアントシアニンが抽出され、赤ワイン効果の多くはこのアントシアニンであるとされています。

フランスでは既に医薬品として認められていますが、日本ではほとんど研究されていません。

非常に強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑制する能力が弱っているアトピー性皮膚炎の方の強い味方になることは間違いありません ヨーロッパでは識者の選ぶ、アレルギーの方の摂取するべき抗酸化剤(抗酸化サプリメント)のトップに挙がっています。

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎のビオチン(ビタミンH)

アトピー性皮膚炎に有効なアントシアニンのヒスタミン抑制効果 1

アントシアニン前回の項目でアントシアニンの活性酸素抑制効果について触れましたが、このアントシアニンは、その他にも様々な健康効果を持っています。

生活習慣病や様々な老化を防ぐ働きなどについては、別の項目を設けて発表していきたいと思っています。

この項では、アトピー性皮膚炎に非常に深く関連する、ヒスタミンの抑制効果について書いていきます 。

以前、「USA、最新ビタミン情報」のアトピー性皮膚炎の項目でお伝えしていますが、ヒスタミンという痒みの元になる物質があります。
詳しい説明はその項目に譲りますが、概要にだけここでは触れたいと思います。

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎に有効なアントシアニンのヒスタミン抑制効果 2

アトピー性皮膚炎の方は、免疫抗体の分泌が通常のヒトの5倍から1万倍も多く、アレルゲンが体内に侵入すると、マスト細胞から免疫抗体を分泌します。

この時、同じマスト細胞から、ヒスタミンなどの化学物質が一緒に分泌されるわけですが、このヒスタミンの分泌が多ければ多い程、アトピー性皮膚炎の症状が重く、不快な症状があらわれます。

アトピー性皮膚炎によって引き起こされる皮膚炎は、細胞レベルで見てみると、痒みの元であるヒスタミンが活性酸素を使って細胞膜を攻撃し、細胞膜の脂質が酸化されて細胞そのものが壊されて、炎症を引き起こします。

アントシアニンはこのヒスタミンの放出を抑制する効果非常に強いということが、多くの実験によって証明されています。

次項も続きをお送りします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎に有効なアントシアニンのヒスタミン抑制効果 3

ピクノジェノール霊芝(レイシ) マイタケ シイタケエキスヒスタミンを抑制することは、アトピー性皮膚炎における肌の痒みを防ぐことになるわけですが、同じようなヒスタミンを抑制する効果を持つものとして、霊芝(レイシ)に含まれるガンデリックオシドがあります。

中国が長年かけて研究をしてきた、霊芝(レイシ)によるアレルギー抑制効果は、このアントシアニンと近い分子構成を持つガンデリックオシドでした。

また、緑茶に含まれるタンニンやフランスの海岸松から特許製法で抽出されるピクノジェノールという抗酸化剤(抗酸化サプリメント)も、アントシアニンと非常に近い分子構成を持っているため、やはりヒスタミンの抑制効果が認められています。

これらを複合的に摂ることで、アトピー性皮膚炎の症状が軽減することが知られています。
是非、これらのサプリメントをお試しください。

アトピー性皮膚炎

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.