Just another WordPress site

野菜などの残留農薬のデトックス方法

  • HOME »
  • 野菜などの残留農薬のデトックス方法

野菜などの残留農薬のデトックス方法 1

デトックスの必要性を感じる食品としては、加工食品のほかに野菜類があります。 近頃、残留農薬に関する問題が新聞でも大きく取り上げられています 生で野菜を食べる場合、特に気をつけたいのが残留農薬です。

有機肥料を使用し、無農薬を売りにしている野菜以外は、すべて農薬が残留している危険があります。
出来るだけ摂取しないための対策としては、よく洗う、または皮をむいて食べられる野菜に関しては、できるだけ皮をむいて食べるなどの方法しかありません。 (アメリカではキュウリは皮をむいて食べるのが一般的です。これもキュウリに残っている農薬を取らないデトックスのためです。)

また、カット野菜には見栄えを良くするために、食品添加物などが使われている可能性もあります。
これも水で洗い流せる場合も多いので、良く洗って)から食べるようにしてください。
(但し、カット野菜の場合あまり洗うとビタミンなども流れ出てしまう可能性はありますので、どちらを優先するかが問題となりそうですが。)

当ショップは野菜の食べ方としては、生よりは茹でる方法をお奨めします。
よく洗った野菜を茹でて、さらに水にさらすことによって、農薬や添加物はかなり少なくなります。
しかし、完全に除去することが出来るわけではありませんので、これらの調理方法をとっていたとしても、サプリメントでデトックスした方がいいと思います。

デトックス

野菜などの残留農薬のデトックス方法 2

最近、よく見かけるもので、デトックスの心配をしているものに、粉末茶があります。
茶葉には農薬が残留していることが多く、粉末としてすべて飲んでしまうのは危険と思われますので、購入する際は農薬が使われていないと明記してあるものを選ぶようにした方が良いと思います。
普通のお茶であれば農薬を使用していたとしても、農薬はほとんど茶葉に残留してお茶の中に溶け出すことはありません。
第1煎目を捨てて飲めば、まず安全です。(まるで中国茶の作法のようですが・・)

茶葉自体にかなりの栄養分や食物繊維がありますので、どうしても丸ごと飲みたい場合は、無農薬の茶葉をお奨めします 海外輸入の果物などの一部に、防カビ用の農薬が残留している可能性があります。
柑橘類やバナナはよく洗って皮をむいてください。アメリカンチェリーなども十分に洗うようにして下さい。

とりあえずこういった食品はしっかり洗うということが大切です。洗うことで防カビ剤やワックスなどを落して、体に入るのを予防してください。
防カビ剤は、発ガン性や成長抑制、貧血作用、免疫抑制作用、生殖機能抑制作用、神経異常作用などが疑われているものがありますので、なおさら注意が必要です。

輸入食品をよく食べる方や、野菜などの農薬の心配がある場合は、色々なデトックスのサプリメントを組み合わせて摂ることも必要です。

腸からの吸収を抑制するための善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)サプリメントや、キトサンなどの食物繊維で有害物質を吸着してできるだけ早く体外に排出することだけでなく、マルチミネラルや肝臓の機能を強化してくれるαリポ酸(アルファリポ酸)やL-システインなどの摂取もデトックスにはおすすめです。

善玉菌サプリメント キトサン αリポ酸(アルファリポ酸) L-システイン

合成洗剤のデトックス方法

合成洗剤には内分泌かく乱物質の危険性が疑われているものが入っている商品が多くあり、デトックスの必要を強く感じます。

最近の洗剤は確かに、洗浄力なども強力できれいになるので、使っている方も多いと思います。
よくゆすげば、皿やコップなどの食器は、比較的洗浄成分の残留が少なく、危険もそれほどではありません。
しかし、食品などを合成洗剤で洗った場合、その形状から洗浄成分が残留する場合が多くあります。

残留農薬などの問題がありますので、どうしても食品を洗いたい場合、食品用の石鹸が売っていますので、それをお使いになられることをお奨めします。
そうでないと、デトックスするために洗っているのに、かえって危険性が増しかねません。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.