Just another WordPress site

鉄欠乏性貧血と貧血 症状

  • HOME »
  • 鉄欠乏性貧血と貧血 症状

鉄欠乏性貧血と貧血症状

ビタミンC(ビタミンP)貧血予防サプリメント一般的に貧血症状といって一番多いのはこの鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血の貧血症状としては、顔色が悪い、疲れやすい、動悸、立ちくらみなどが起こります。

鉄は単体では吸収が非常に悪く、キレート(アミノ酸などと結合している状態の鉄)されているものでないと、貧血解消にはなかなか効果が上がりません。
また、ビタミンC(ビタミンP)と一緒の摂取が有効との報告があり、おすすめの貧血予防サプリメントには、ちゃんとビタミンCも含まれています。

また、コーヒーやお茶は沸騰したお湯で入れると、カテキンが結合してタンニンという物質を作り、鉄を吸着して吸収しにくくするので、低め(80℃−90℃)のお湯で煎れるように心がけてください。
それから、お茶は1煎目のお茶(1分−1分半蒸らしたもの)だけを飲んでください。
2煎目以降はタンニンが多くなりますので、貧血症状の改善を希望される方は、もったいないですが飲まないほうがいいかと思います。

悪性貧血と貧血症状


悪性貧血はビタミンB12や葉酸(ビタミンBの仲間)の不足で起こります。
酸素を運ぶ役割をするヘモグロビンがうまく作られないのが貧血症状がでる原因のようです。

いずれにしても、貧血は栄養不足が原因の一つですから、マルチビタミン・ミネラル剤やビタミンB群、また貧血予防サプリメントのように、キレートされた鉄が貧血症状の改善に有効のようです。

葉酸プリメント マルチビタミン マルチミネラル ビタミンB

タンパク質の偏りで起こる貧血症状

たんぱく質を大量に摂る方に起こりやすい貧血症状で、ビタミンB6の不足で起こる貧血があります。

ビタミンB6は、タンパク質の合成やアミノ酸から別のアミノ酸を作り出す時に必要で、大量に、しかも偏ったタンパク質(アミノ酸スコアが100でないものを、偏って摂った場合におきます)を摂ることで、必要量の増すビタミンです。

ビタミンB6は、ヘモグロビンの合成にも使われるため、不足すれば貧血症状の原因ともなります。
ただし、サプリメントで補給する場合、ビタミンBでは珍しくビタミンB6には過剰症がありますのでご注意ください。

マルチビタミンとビタミンB群を一緒にお取りいただいても、摂取目安量以上の摂取をしない限り、過剰症は全く心配はありません。

貧血症状

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.