Just another WordPress site

食品添加物のデトックス方法

  • HOME »
  • 食品添加物のデトックス方法

食品添加物のデトックス方法 1

食品添加物は、食品の日持ちを良くしたり、見栄えを良くしたり、味などを良くしたりするために使われる、本来食品に含まれることのほぼ無い薬品に近いものです。

法的に使用量などで制限がありますが、ご自分でもできるだけ摂取を控えた方が良いでしょう。
ただ、食品添加物の一切入っていない食品を食べ続ける、と言うことは現状では難しいと思いますので、やはりサプリメントなどで、積極的にデトックスしていくことが必要ではないでしょうか。

この項目では、食品添加物の実態からどのように避けるべきかを、お伝えしていきたいと考えています。
健康生活のご参考にしていただければ幸いです。

食品添加物の使用量は年間300万トンに達しています そのすべてが有害ではありませんが、平均すると一人あたり年間25kgもの摂取になります。
これを聞くとデトックスすることが、いかに必要かがわかっていただけるのではないでしょうか。

食品添加物は約30の分野にわたり、1500種類の食品添加物が存在します。
その中でも化学合成されたものは350種類、これだけの食品添加物が存在していると、食品ラベルの裏に記載されている名前を見てもピンとこない方も多いのではないでしょうか?

天然由来のすべての食品添加物が安全なわけではありませんが、多くの食品に使われている食品添加物は化学合成が多いという報告もあります。
例えば、食品の見栄えを良くするために使われる、発色剤の亜硝酸ナトリウムなどはかなりの毒性を持ちます。
しかし、ハムやベーコンなどの加工肉には使用基準は設定されていますが、一般的に使用されるているものでもあります。
こうした、毒性を持つ食品添加物が規制されないかぎり、積極的にサプリメントなどでデトックスして自分で自分を守っていくしか方法はありません。

食品添加物のデトックス方法 2

毒性のある食品添加物がどうして規制対象にならないのでしょうか?
明らかな毒性がある場合、当然食品添加物としては認可は下りません。
しかし、ある特殊な状況下で毒性を発揮する食品添加物は多数存在します。その中にはデトックスの方法が発見されていない物質もあるのです。

一番多いのが、体内で別の物質と化学反応を起こし、毒性を発揮するパターンです。
前回、例として取り上げた発色剤の亜硝酸ナトリウムは、そのままでは毒性はありません(当然ですが・・・)。
ただ、動物性タンパク質に多く含まれる、アミンという物質と胃の中で反応し、ニトロソアミンという物質に変化すると、強力な発ガン性を発揮します。

このように、他の物質と反応してできる毒物の研究は、まだ始まったばかりでデータがあまりありません。
食品添加物の種類だけで相当数ありますし、それらの組み合わせとしては天文学的な数字になるでしょう。

データが出揃うまで待っているわけには行きません、日頃からそういうものを極力避けていくか、積極的にデトックスするかしか、今のところ防御手段はないでしょう。

しかし、今私達の周りで食品添加物の入っていない加工食品を探すのが、大変な位に食品添加物が氾濫しています。
このような状況では、体内での有害物質の吸収抑制とデトックスがより有効です。
アメリカでは、環境ホルモン(内分泌かく乱物質)の影響などもあり、そういったデトックスのサプリメントの人気が高いようです。

デトックス

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.