ダイエットはこちら
ダイエット法に関するQ&Aはこちら

★その他の夏季痩身計画要綱についてのページ★
・食欲の秋とリバウンド その1(このページです)
・ 食欲の秋とリバウンド その2はこちら
・ 食欲の秋とリバウンド その3はこちら

太りやすい時期のダイエットカロリーコントロールが痩せる体質を作る

ダイエット

食欲の秋ですね。
ダイエットをしている方には食欲抑制が辛い時期になってきました。

アメリカのダイエット専門誌で特集されていた内容では、秋から春が最も太りやすく、この時期に 痩せる方法を駆使して乗り越えることができれば、本当の意味で痩せる体質を作り上げることができるようになる、ということを強調していました

毎年毎年、夏前になると急激なダイエットカロリーコントロールを行って、秋から冬にかけて リバウンドしてしまう方が多く、そういった方の多くが年々痩せ難い体質に変わっていってしまうことがアメリカでも日本でも大きなダイエットの問題となっています。
アメリカンビタミンショップではダイエット志向の方が多く、日頃から様々なダイエットカロリーコントロールのご相談をお受けしたり、体質に合わせた様々な ダイエットサプリメントをご提案させていただいていますので、この時期に正しい痩せる方法についてコンテンツを書いて、痩せる体質についての知識を身につけていただきたいと思います。

秋のダイエットカロリーコントロールの方法について

秋に発生するダイエットの問題としては大きく2つあります。

  • 食欲抑制によるダイエットカロリーコントロールの問題
  • リバウンドの問題

この2つの問題はそれぞれに深い内容で書いていきますので、今回の「ハロー! ビタミン」では主に食欲抑制などのダイエットについて書いていき、 ダイエットリバウンドの問題は次回以降の「ハロー! ビタミン」で詳細をお届けしたいと思います。

夏に失った栄養素の不足が食欲抑制を効かなくする

食欲抑制

夏は1年を通して最も体内で栄養素が不足する季節です。
夏には汗によって カリウムや 亜鉛などの多くのミネラルを失います。
また、夏には簡単に消化できる炭水化物を中心とした食事が多く、 アミノ酸の不足や EPAなどの必須脂肪酸の不足を招きやすいのです。

カリウムサプリメント 亜鉛サプリメント 必須アミノ酸 EPAとDHA(オメガ3)

しかも夏の暑い時期を通してこの栄養不足の傾向は続きますので、活動に多くの栄養素が必要な胃腸などの内臓はダメージを受けて食欲が進まなくなり栄養不足を更に助長させます。
秋になると気温が下がってきますので、参っていた胃腸もいくらか元気を取り戻してきて自然と食欲が高まります。

マルチビタミン

アメリカでは ダイエットカロリーコントロールでダイエットをしている方は、秋に高まる食欲を抑制するために、夏の時期には多めに マルチビタミンや 必須脂肪酸などを摂取して、十分に栄養補給を行う習慣があります。
このサプリメントによる栄養補給は秋になった今から始めても十分に効果を発揮するはずです。

食欲抑制で支持されているガルシニア

ガルシニア

栄養不足による食欲抑制については先の項目でお判りいただけたと思います。
この項目では食欲を起こさせる仕組みを利用した食欲抑制に使える2つのサプリメントをご紹介したいと思います。

  • ガルシニア
  • 亜鉛

上記の2つのサプリメントは、どうしても食欲抑制ができない方たちに支持されているサプリメントですので、 マルチビタミンや ビタミンB群などのサプリメントによる栄養補給にプラスして試してみる価値はあると思います。
特に ガルシニアはヨーロッパで行われた食欲抑制の実験で非常に高い評価を得た食欲抑制サプリメントですので、秋のダイエットカロリーコントロールでは活躍してくれると思います。

ビタミンBアミノ酸ダイエット

亜鉛は食欲抑制ホルモンのレプチンというホルモンの分泌量を増やします。
レプチンは人間ドックなどの血液検査で計測していることが多いのでレプチンの項目の値が低い時には試してみてください。レプチンはアディポネクチンというホルモンの分泌とも相関関係がありますのでアディポネクチンやレプチンの分泌を増やしたいのであれば亜鉛に加えて アミノ酸ダイエットの摂取もお奨めです。

摂取カロリーを減らすダイエットカロリーコントロールサプリメント

ダイエットカロリーコントロール

マルチビタミンによる栄養管理や 食欲抑制サプリメントで食欲抑制する以外にも、秋のダイエットカロリーコントロールにおいて高い評価を得ているサプリメントがあります。

簡単に言ってしまうと、摂取カロリーを吸収しないようにするサプリメントで、アメリカではしろいんげん豆抽出の ファセオラミンを使って炭水化物消化酵素を中和や、カワラケツメイというハーブを使って脂肪消化酵素を中和する 低脂肪ダイエットなどの摂取カロリーを腸から吸収できなくしてしまういわゆるダイエットカロリーコントロール系のサプリメント群です。

アメリカで定義されているダイエットカロリーコントロールとは摂取カロリーを抑制してダイエットを行うダイエット方法の総称で、運動などを行って 消費カロリーを増やすダイエット方法とは違います。消費カロリーを増やすダイエットサプリメントとしては カルニチンや アルファリポ酸、 コエンザイムQ10などが有名です。またこれらのサプリメントを基本として運動不足の方が消費カロリーを増やす時に更にプラスして使うダイエットサプリメントは 共役リノール酸や アミノ酸ダイエットがあります。

ダイエットカロリーコントロールにも日本人タイプとアメリカ人タイプがあります

EPA

日本でよく行われるダイエットカロリーコントロールとしては、断食や ハリウッドダイエットなどがありますが、これらは精神的にも肉体的にも苦痛を伴います。
つまりダイエットの失敗率が高くなるダイエットカロリーコントロールの方法と言って良いでしょう。

アメリカ人は合理的で苦しいことや辛いことが大嫌いな人が多いので、その辛いことをサプリメントに代わってもらおうと考えたのがダイエット系のダイエットサプリメントです。

ダイエットカロリーコントロールの選び方にしても、この両国のダイエット方法の違いは、日本人の我慢強さとアメリカ人の辛抱の無さという性格の違いがよく現れていて、両方に友人をもつ店長は結構笑えます。
ただし、ダイエットカロリーコントロールというダイエット方法はやり過ぎると筋肉が減ってしまう ダイエットリバウンドを起こしますので、このダイエット方法を選ばれる方は クロムを摂取し、できるだけ無酸素運動を行って筋肉量を減らさないようにして下さい。
効果的なリバウンドの防ぎ方などは次回の「ハロー! ビタミン」で詳細をお届けします。

今回の「ハロー! ビタミン」はダイエットカロリーコントロールについて書いてみました。
太りやすい秋から春へのこの時期を効率よく乗り越えるために様々なサプリメントをご紹介してきましたが、 食欲抑制ガルシニアを選ぶ日本人タイプと 低炭水化物ダイエット(ファセオラミン)などのダイエットカロリーコントロール系のサプリメントを選ぶアメリカ人タイプの両方で使える内容になっています。
店長自身はダイエットカロリーコントロールに関しては楽な方を選んで、リバウンドを防いだり、消費カロリーを増やすダイエット方法(運動と カルニチンなどのサプリメント摂取)で努力したいという考え方です。

★★★ 今回のバーゲン品のご説明1 ★★★
~ ファセオラミンで効率よく秋のダイエットカロリーコントロール

ファセオラミン

しろいんげん豆から抽出した ファセオラミンという成分については今年の春くらいから日本でも知られるようになってきましたね。
ファセオラミンはアメリカでは15年以上前から、ダイエットカロリーコントロールの1つとして高い効果を上げてきているダイエット方法です。
ファセオラミンが長い間ダイエットサプリメントとして高い人気を維持している理由は、ファセオラミンが体内に吸収されて効果を発揮するものではなく、消化器官の中で消化酵素を中和して炭水化物の分解を邪魔して腸からブドウ糖として吸収されないようにするという機能を持っているからです。

食事から入ってくる炭水化物(ご飯やパスタなど)を消化酵素で分解してブドウ糖を作り、そのブドウ糖を腸壁から吸収して血液によって全身の細胞に運ぶ、という行為は全人類が共通して行っていることなので、この行為を邪魔してブドウ糖の吸収を妨げる ファセオラミンは、体質を選ばないサプリメントとして、摂取者全員に効果を発揮しうるサプリメントなのです。

ただし、食事の量や分泌される炭水化物消化酵素の量は個人個人で違っていますので、ファセオラミンの摂取量はそれぞれによって変えていかなければなりません。
食事の量が多い方はファセオラミンを多く摂取する必要があります。
また、自分では判り難いとは思いますが、炭水化物消化酵素の分泌量が多い方もファセオラミンの摂取量を増やさなければなりません。

例えば、3ヶ月~6ヶ月ほどファセオラミンを摂取しても ダイエットの効果を感じない方は、ファセオラミンの摂取量が少ないと判断できますので、ファセオラミンの サプリメントを増やしていく必要があります。

チョット乱暴なやり方ですが、ファセオラミンによって消化を邪魔された炭水化物は腸から吸収されないので、便として排泄されます。
同じ食事を摂っていればファセオラミンを摂取した時と、ファセオラミンを摂取しない時で便の大きさが変わってくると言って良いでしょう。
この方法を応用すればファセオラミンの摂取量を割り出せると一部の栄養学者さんが報告しています。
チョット想像すると笑えますが、場合によっては 低炭水化物ダイエット(ファセオラミン)の摂取量を決める時に有効かもしれませんよ。

ちなみに日本人の食生活は炭水化物からカロリーを摂取することが多いので低炭水化物ダイエット(ファセオラミン)によるダイエットカロリーコントロールは効率が良いと思います。

しかし、このファセオラミンはあくまでも炭水化物の中でもご飯やパスタ、パンなどの何度も何度も消化酵素に分解されてブドウ糖に変わる食品にしか使えません。
例えば、砂糖などは消化酵素が1度作用しただけでブドウ糖に分解されてしまいますので、ファセオラミンは効果を発揮し難い食品です。
砂糖でできたお菓子などにはファセオラミンは使用しないで下さい。

ケーキやアイスなどの洋菓子のカロリーは脂肪が多くを占めています。
この脂肪を多く含む食品には 低脂肪ダイエットがお奨めです。

日本人がよく行う食事制限による ダイエットは、精神的にも肉体的にも辛くダイエットの失敗を招く可能性が高いダイエット方法です。
ファセオラミンによるダイエットカロリーコントロールであれば、食事の量を減らさずにダイエットができますので辛くなく長く続けることができます。

日本人のダイエットを志す方の多くは3ヶ月で5kg痩せるとか10kg痩せるなど短期間で結果を求めてしまいますが、短期間の急激なダイエットカロリーコントロールは リバウンドを起こし結局は本当に痩せない体質を作ってしまいますので、ファセオラミンによる長期にわたる緩やかなダイエットカロリーコントロールを行って痩せて下さい。

アメリカンビタミンショップでは ファセオラミンを主成分とするサプリメントが2種類あります。

  • ファセオラミン(ファセオラミン+ クロム)
  • 大容量・低炭水化物ダイエット(ファセオラミンのみ商品ですがファセオラミンのの含有量が低炭水化物ダイエットの約3倍弱)

今回の「ハロー! ビタミン」では商品としては比較的新しいのですが、リピーターが急激に増えいている大容量・低炭水化物ダイエット(ファセオラミン)にしたいと思います。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 低炭水化物ダイエット』
秋の食欲を我慢せずに食べられて、尚且つダイエットカロリーコントロールができるファセオラミンをお奨めします。
——————————————————————–

★★★ 今回のバーゲン品のご説明2 ★★★
~油モノやケーキやアイスが好きな方のダイエットカロリーコントロールに低脂肪ダイエットがお奨め

低脂肪ダイエット

先ほどの ファセオラミンは炭水化物の消化を邪魔してダイエットカロリーコントロールするサプリメントでしたが、この 低脂肪ダイエットは食品中の脂肪の消化を邪魔して脂肪の吸収を抑制するサプリメントです。
ファセオラミンと同じダイエットカロリーコントロール系のサプリメントですが、脂肪という高カロリーの栄養素の吸収抑制を行うので、油モノ(揚げ物)が好きなアメリカ人には人気の高いダイエットサプリメントです。

食事から入ってくる脂肪分は肝臓から分泌されて胆のうで濃縮される胆汁酸という消化酵素(リパーゼといいます)の作用を受けて初めて吸収できる遊離脂肪酸という脂肪に変化します。
低脂肪ダイエットはリパーゼインヒビターともいう消化酵素の活性を弱くして脂肪を遊離脂肪酸に変化させないようにします。
脂肪分は遊離脂肪酸にならなければ吸収することができません。

低脂肪ダイエットのリパーゼインヒビターの作用により遊離脂肪酸に変換されずに吸収できなかった脂肪は便と一緒に排泄されますので、摂取カロリーとして計算されることがありません。
ダイエットカロリーコントロールの手法としては断食などと比べると苦しくなくスマートな方法です。

胆汁酸の分泌量などは個人個人の体質によって違っていますので、低脂肪ダイエットの効果を確認するためには低脂肪ダイエットを食後に摂取した後で排泄される便を仔細に観察してください。
低脂肪ダイエットの摂取量が適正であれば排泄された便から油が出ますのでキチンと効果を確認できます。
油が排泄されたのを確認できない場合は、低脂肪ダイットの摂取量を増やしてください。
マクドナルドや洋食などの好きな方は低脂肪ダイエットで ダイエットしてみてください。

「ハロー! ビタミン」のバーゲン品は以下のリンクをクリックして、そのページからご注文下さい。
——————————————————————–
★『 低脂肪ダイエット』
ケーキや洋菓子、フライドポテトやポテトチップス、ラーメン、ステーキなどなど脂っこいものが好きな方にお奨めです。
——————————————————————–