Just another WordPress site

骨粗しょう症と女性の健康情報

  • HOME »
  • 骨粗しょう症と女性の健康情報

骨粗しょう症と女性の健康情報

女性は閉経が近づくとおこるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌の減少は、骨へのカルシウムの取り込みにも影響が出るため、骨粗しょう症(骨粗鬆症)になりやすくなります。

ただし、年齢や女性ホルモンの影響だけではなく、ダイエットや偏食によって若年層の骨密度が低下する傾向があります。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は何よりも予防が大切ですが、サプリメントの摂取によって、あらゆる年齢層で骨密度の改善が報告されています。
しかし、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは過剰症の恐れがありますので、「栄養学とサプリメント」ページの下の「栄養素の理想的な摂取量」ページでビタミンやミネラルの一般的な摂取量と過剰摂取量を必ずチェックしてください。

砂糖の摂りすぎはカルシウムの排泄を促しますから、できるだけ控えてください。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)の改善には、軽い運動に適度な日光浴、たんぱく質の摂取にサプリメントによる栄養補給をおすすめします。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)の女性の健康におすすめのサプリメントにペクチンやホーステール(シリカ)があります。
ペクチンは植物性の食物繊維で、ペクチンやホーステール(シリカ)に多く含まれるシリカ(ケイ素)は、人にとって必須性が明らかになりつつある元素のひとつで、コラーゲンを束ねて結合組織を強化します。

不足すると、爪が割れる、髪が抜ける、皮膚がたるむ、腱や血管が弱くなるなど、健康と美容の両面で大切な役割をしています 骨粗しょう症(骨粗鬆症)の方の骨が弱くなるのは、ケイ素(シリカ)の不足と関係があると指摘する報告もあります。

マグネシウムサプリメント マリンコラーゲン りんごペクチン ホーステール(シリカ)

女性の骨粗しょう症を予防する

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は栄養補給によって予防と改善ができます。
以下に必要とされる栄養素を列記したいと思います。

大豆イソフラボンに含まれるエストロゲンはカルシウムと一緒に少しだけ服用すると、骨成分の造骨細胞(骨の中のカルシウム増加を管理する細胞組織)の働きを増進させます。
骨粗しょう症サプリメント(骨粗鬆症)はこれらのミネラルもきちんと添加された、オールインワンタイプのサプリメントです。
特に骨粗しょう症(骨粗鬆症)の改善を目的に配合されているので、きちんと再石灰化を促してくれます。

カルシウムやマグネシウム、ホウ素、エスターC、ビタミンD、そして微量ミネラルの補給は骨を作り上げる生理過程で、それぞれが役割を担っています。
若い女性の場合は、材料を補ってあげるだけでも効果が出ますので、カルシウムサプリメントでも大丈夫です。
年齢にあわせて使い分けていただければと思います。

ビタミンC(ビタミンP)はコラーゲンの生成を助け、骨を丈夫にします。
また、ペクチンという食物繊維に含まれるケイ素も骨を丈夫にします。
亜鉛は造骨細胞の細胞分裂を活発にします。

骨粗しょう症(骨粗鬆症) カルシウムサプリメント 大豆イソフラボン ビタミンC(ビタミンP)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.