Just another WordPress site

~はじめに~

  • HOME »
  • ~はじめに~

~疲労回復 はじめに~


この「栄養学とサプリメントの疲労回復」ページをご覧になって、 疲労回復でご自分に効果があると思われるサプリメントを見つけてください。
サプリメントの理想的な 摂取量のページに ビタミンや ミネラルの一般的な摂取量を表として載せていますのでご覧下さい。
不安・不明な点や希望サプリメントなど店長宛てのご質問・ご要望がございましたら、フリーダイヤルやメールでお受けします。是非ご利用ください。

フリーダイヤル:0120−077−273
メール: webmaster@vitamin-shopper.com

疲労回復

疲労の問題点

ほとんどの方が大なり小なり疲労回復で悩まれている方が多いのではないでしょうか?
その疲労のほとんどが社会的な ストレスからくる疲労感や栄養不足による疲労感だといわれています。
ストレスが原因の場合は、抗ストレス処方( ビタミンB群と ビタミンEと ビタミンC(ビタミンP))により疲労回復がみられるケースが多々ありますが、別の理由による疲労や、 慢性疲労症候群ということも考えられますので、以下の項目をよく読んで、何かしらに該当するようであれば、一度病院で検査を受けてみてください。

  • 3日以上休暇をとっても 疲労回復できない
  • 朝に強い疲労を感じ、夜中に何度もトイレに起きて、手がむくむ
  • 夕方になって手足がむくむ
  • みぞおちや腰が痛む

ビタミンB ビタミンE ビタミンC(ビタミンP)

ビタミンB群による疲労回復1

ビタミンB群は、一般的にはビタミンB1、ビタミンB−2、ナイアシンアミド、パントテン酸、ビタミンB−6、ビタミンB−12、 PABA(飲む UVカットとしても人気)、 葉酸、 コリン イノシトール、 ビオチン( ビタミンH)(※ビタミンH・現在ではビタミン類から外れています)などの総称です。
ビタミンBを摂る場合、これらひとつひとつのビタミンBのバランスが大切で、どれかが多すぎても少なすぎても、他のビタミンB群の働きを低下させます。
疲労回復においてビタミンB群のバランスは非常に重要な要素となりますのでバランスのとれたビタミンB群サプリメントの摂取をお奨めします。

ビタミンBは、たんぱく質や脂質、炭水化物の代謝(体がこれらをうまく使えるようにすること)に必要で、不足すれば体をつくることも出来ず、エネルギーもうまく使えず、細胞にたまった老廃物の処理さえも出来なくなります。つまり、ビタミンB群が不足しただけで、 疲労回復が遅れるのです。

ヒトは ストレス下に置かれるとビタミンB群や ビタミンC(ビタミンP)、 亜鉛や カルシウムなどの各種 ミネラルを大量に消費します。疲労の大きな原因の一つがストレスといわれ、疲労を感じている方の多くは、ビタミンB群の補給でかなりの率で疲労回復が見られるといわれています。

次回はビタミンB群の不足で起きる症状をお送りします。

パントテン酸 PABA コリン イノシトール ビオチン(ビタミンH)

ビタミンB群による疲労回復2

先にも書きましたが、 ビタミンB群はタンパク質や脂質、炭水化物を身体がうまく使うために必要で、それらが不足すると身体組織がうまく作れなくなり、 疲労回復の遅れなどの様々な症状が表れます。 特に肌荒れ、 髪のパサつき、不眠症、食欲不振、神経や筋肉異常などの症状が疲労と重なって起こっているようであれば、ビタミンB群の不足が疑われます。

糖分をたくさん摂られる方、コーヒーやアルコールなどの嗜好品が好きな方、避妊ピルや睡眠薬や感染症治療薬などを常用されている方も、ビタミンB群の必要量が非常に増し、不足することで疲労回復が困難になるケースもあります。
また、最近の報告では、極度の 疲労を感じている方に、 ビオチン( ビタミンH)不足の方が多いというデータもでています。

アメリカでは、ビタミンBは、 マルチビタミンや マルチミネラルと並んで、最もポピュラーなサプリメントの1つです。
是非、ビタミンB群の摂取で疲労回復を行ってみてください。

疲労回復

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-077-273 平日 10:00~17:00
携帯からは03-6277-0346

PAGETOP
Copyright © Since 1999-2016 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.