ビタミンとミネラル

はじめまして。
カルシウムサプリメントですが、日本の物と比べると、含有量がかなりあるように思いますが、人体に悪い影響はないでしょうか?
カルシウム以外のものも、だいじょうぶでしょうか?
外国製の品は、今まで飲んだことがないので、かなり不安なのですが。
それから、カルシウム以外のものも、一緒に摂取しても、かまわないでしょうか?

ビタミンとミネラル

こんにちは、アメリカン ビタミンショップです。
カルシウムサプリメントをはじめとする、アメリカのサプリメントの含有量と安全性に関するご質問ですね。

日本の厚生労働省が示す基準量は、生理学的摂取量といいまして、「これだけ摂れば、最低限大丈夫ですよ」「これを下回ると、欠乏症になりますよ」という容量になっています。
欧米諸国が採用している基準量は、薬理学的摂取量、つまり「これくらい摂って、健康になろう」「これくらい摂ると、痩身や体質改善等の”薬理的”効果が得られますよ」という容量になっています。
特にカルシウムや ビタミンAのように過剰症が謳われている栄養素は、その摂取目安の開きにびっくりされる方が多いですね。

アメリカの多くの栄養学者が示す薬理学的理想摂取量は、1日600mg~1500mgとなっていて、弊社取扱い製品を含め、多くのカルシウムサプリメントは、1日1000mg(1g)摂れる設計になっています。
また、アメリカの殆ど全てのサプリメントは、 マルチビタミンと マルチミネラルで補い切れない基礎栄養素(カルシウム、 ビタミンC、 ビタミンB、 亜鉛など)の摂取を前提に設計され、過剰症の恐れのある成分については、組み合わせの注意もされています。
弊社取扱いのカルシウムサプリメントにつきましては、他のサプリメントを組み合わせて頂いても問題はありません。
むしろ、骨の強化をお考えでしたら、マルチビタミンや MSMサ、亜鉛などと組み合わせた方が、より効率的になりますので、おすすめです。

弊社では、アメリカで発売されてから3年以上経過し、今も尚大量に売れ続けている商品のみを採用しています。
(実際には5年・10年以上経過しているものが殆どです)
サプリ人口1億4千万人というサプリメント大国であるアメリカで、サプリメントによる問題が起きる場合、大抵は発売後半年~1年以内に発覚しています。
また、アメリカは訴訟国家でもありますから、嘘やごまかし・不正がないよう、厳しくメーカーを監視する民間団体がいくつもありますし、摂取によるトラブルが発生した場合は、国家機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)から、製造・販売の禁止命令と、国民への注意喚起が出されます。
こういった厳しい環境の中で、何年にもにわたり、膨大なアメリカ人の臨床実験(語弊はありますが)を経て、売れ続けている人気商品は、極めて効果と安全性が高いと考えています。

ビタミンとミネラルについて判らないことがありましたらいつでもご連絡ください。
これからもよろしくお願いいたします。