ビタミンとミネラル

こんにちは。
ベータカロチンに、 過剰症があるとホームページに記載されていますが、同じカロテノイド類の アスタキサンチンや リコピン、 ルテインなども同様な過剰症が診られるのでしょうか。
確認させてください。

ビタミンとミネラル

こんにちは、アメリカン ビタミンショップです。
ビタミンA類の過剰症に関するご質問ですね。

まず、ビタミンA(レチノール酸)の過剰症についてです。
ビタミンAは体内の脂肪組織に蓄積され、抗酸化作用や細胞分裂に使われていきます。
この蓄積量が限界値を超え続けることによって、頭痛や眩暈、吐き気などに始まる過剰症が発現します。
この時点で摂取を中断すれば、数日間休むことにより症状は快癒します。
(進行すると、重篤なレチノール酸過剰症に移行します)

しかしこれは、100,000IU(摂取限度の倍)を数年に亘って摂り続けて、初めて出るかどうかというものです。
主に、医療現場で必要に迫られて、大量投与治療を行なう際の、「副作用」という形で現れるものですから、通常の生活を送っている限り、摂取目安を守る事と、重ね摂りに気をつけさえすれば、心配する必要は、殆ど無いと言って良いでしょう。

ベータカロチンは、体内で必要量がビタミンA(レチノール)に変換され、ビタミンAとして使われますが、 アスタキサンチンや リコピン、 ルテインは、ビタミンA群ではあるものの、キサントフィル類に分類され、ビタミンAには変換されません。
キサントフィル類は、細胞膜に蓄積されますので、長期間の大量摂取により、皮膚の黄変が発現する場合がありますが、それ以外、現時点で過剰症の報告はありません。

余談ですが、アルファカロテン・ガンマカロテン・デルタカロテンは、レチノールには変換されないので、過剰症はありません。

ビタミンとミネラルについて判らないことがありましたらいつでもご連絡ください。
これからもよろしくお願いいたします。